So-net無料ブログ作成
検索選択

青春ラジオ [広島]

サテライト№1、ビバ!テレフォン、オールナイトニッポン(タモリ、たけし、所ジョージ、笑福亭鶴光)、軽音楽をあなたに、夕べのひととき、リクエストアワー…小学生から高校生のころよく聴いたラジオ番組。
エアチェックするのに購入していたFM雑誌、そこにはFM東京の番組表が載っていて、いくつか聴きたい番組もあったけど、広島では聴くこともできず、早く広島にも民放FM局ができないかと思っていた。受験生のころ、広島にもようやく民放FM局ができることになったが、開局前にすでに民放FM局がある地域の大学に行くことになった。なのでリアルタイムでは広島FMの開局をよく知らないけれど帰省するたびに広島FMはよく聴いていた。

http://hfmweb.jp/

特に山本三季雄さんの「ひろしまマイシティ」 当時FMでは珍しかった音楽+情報番組、山本さんもアナウンサーとしては駆け出しで、軽妙とは言えなかったトークも情報の切り口が絶妙でとても楽しかったですねぇ。就職で広島に帰ってきてもマイシティはよく聴いていたけど、逆にRCCを聴くことはほとんどなくなっていた。マイシティが終了した後もGOGOJAはそれなりに聴いていたけど、高校生ころにもよく聴いていた高橋基子さんの番組を広島のローカルで聴くことになるとは夢にも思わなかった。山本三季雄さんとお二人で大人の洗練された雰囲気がとてもよかったですねェ。
GOGOJAが終わったころから広島FMをほとんど聴くことがなくなった。番組が一気に若年層化して、高校生、大学生向けの番組になってしまった。聴くといえば土日の東京FMのネット番組だけ。あと、ラジオ番組と言えば通勤時間帯のRCC「おはようラジオ」くらいでラジオ自体を聴くことが少なくなってしまった。が、車に乗るとなんとなくラジオがかかっており、午後はあのマッタリした雰囲気の「なんでもジョッキー」を聴き入る訳でもなくなんとなく聴いていた。

そのマッタ~りした広島の午後が一変!あの忙しない朝の雰囲気になってしまったのです。当時「おはようラジオ」を担当していた同世代の本名正憲アナウンサーが朝のノリで午後から夕方までの4時間独占してしまったのです。

RCCラジオ「本名正憲のきょうもゴゴイチ」
http://www.1350.jp/gogo1/

情報コーナーからジャーナリスティックなコーナー、はたまた社内セクハラになるんじゃないかと心配するくらいの人妻女子?アナとの下ネタトークありで自称「お昼のオールナイトニッポン」を目指していると言っていたくらい軽妙でリズミカルで、そのノリは当初違和感もあったけれど今となっては、平日の休みの楽しみであったりもします。番組開始当初から今年3月まで続いていたゴゴイチ耳学問「街のオシャレ学」は知的好奇心をくすぐるもので、街のデザイン、色にまつわるお話など今でも覚えています。最近ちょいと下世話なコーナーも増えてきたけどまたこんなコーナーをはじめてほしいですね。
FM民放局の開局を待ち望んでいた高校生のころからすると、歳のせいか今やRCCの方が波長が合っていたりするわけで広島FM開局当初の「ひろしまマイシティ」が 「本名正憲のきょうもゴゴイチ」に広島情報番組として生まれ変わってきたんじゃないかと思ったりもする。

もうひとつ、ちょうど帰宅時間の午後8時、広島市内でしか聞けないP-Station(J-WAVEネット)JAM THE WORLD 全国放送ではあるのですがラジオの情報番組としては他局にはないジャーナリスティックなノリが面白い。

P-Station
http://www.fmpst.co.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。