So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント@広島 ブログトップ

映画の日 [イベント@広島]

今日は映画の日!
社団法人映画産業団体連合会(映画の日)
http://www.eidanren.com/activity01.html

って、狙って今日映画を見に行ったのではなく、先日知人にこの映画は面白いよと教えてもらって、たまたま今日、公休日だっただけです。

太陽 The Sun
http://taiyo-movie.com/

終戦直前の天皇の苦悩を描いた映画なのですが、なぜかロシア映画!!
ロシア人の監督が、学生の頃、歴史学を学んだ時に、思いついたストーリなんだそうです。まぁ、ロシアってソ連(共産主義国)になる前は、歴史的な文学、芸術で優れた作品が多いですから、こういった芸術的な映画が作られる素地はあったわけで、そう考えるとこの映画が作られた背景も理解できます。表現の自由が制限されていたソ連からようやく元のロシアに戻りつつあるということでしょうねぇ。
ロシア映画なのに、というか当然のことながら、マッカーサーと米兵以外はすべて日本人。ほとんど日本映画といってもいいくらいですが、天皇が見た悪夢の表現は日本人ではできないでしょうねぇ。
天皇役のイッセー尾形さんの演技はリアルでしたねぇ。口元の仕草や「あっそう」という口癖・・・ロシア人の監督はこのリアルさが理解できていたのでしょうか?何箇所かあったイッセー尾形さんらしい「アドリブ」(たぶん)は笑ってしまいました。
感動的だったのはマッカーサーの通訳の米兵、たぶん日系アメリカ人なのでしょう。彼もまた天皇を「現人神」と思っているのです。天皇が英語で話をしようとするところで「日本語で話をしてください。」というくだりは、ぐっときてしまいました。ラストシーンもこれまた感動的でした・・・是非、ご覧になってください。

広島ではココで上映されています。

サロンシネマ&シネツイン
http://www.saloncinema-cinetwin.jp/

サロンシネマって初めて行ったのですが、シネコンというより、映画小屋という感じ・・・こんな雰囲気もなかなかいいです。横川にもこんな「映画小屋」があるらしいので今度はそこを狙ってみましょう。
一時期、ショッピングモールなどに併設されているシネコンにはまっていた時期があります。
平日の昼間のシネコンって、ほとんど貸し切り状態でゆったりいい席で観られるんですよねぇ。
が、今日はさすがに映画の日、平日だというのに結構お客さんが多かったですねぇ。映画の日なので通常1800円の入場券が1000円でした。が、車で行ったので駐車料金がかかりました。これがキッチリ800円・・・計1800円で通常料金と同じになってしまいました・・・

関連書籍

映画『太陽』オフィシャルブック

映画『太陽』オフィシャルブック

  • 作者: アレクサンドル ソクーロフ
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2006/07/26
  • メディア: 単行本


昭和天皇〈上〉

昭和天皇〈上〉

  • 作者: ハーバート ビックス, 吉田 裕
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 文庫


昭和天皇(下)

昭和天皇(下)

  • 作者: ハーバート・ビックス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/08/11
  • メディア: 文庫


アレクサンドル・ソクーロフ

アレクサンドル・ソクーロフ

  • 作者: みや こうせい
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


ソクーロフ

ソクーロフ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: パンドラ
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
イベント@広島 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。